ようこです♪

 

最近あかねちゃんがフェイシャルの勉強を始め、

ナゼナニ?の質問を受けることが増え

あれ?ソレってなんだったっけ?

と、体の本を読む時間が増えました。

 

その中で、

必死こいて勉強したあの頃とは違う角度でこの内容が目に留まりました😆

すっげーワクワクするので紹介しますね♡

 

 

人間の細胞は60兆個。

一番多い細胞って何だと思いますか?

 

筋肉かと思いましたが違いました。

 

 

 

答えは赤血球です。

 

なんとその数20兆個☆

赤血球は、肺で受け取った酸素を

血管という道路の中を通って各細胞に届ける役割をしています。

つまり、体中の細胞にエネルギーを運んで届けているんですね

 

赤血球は、酸素を受け取ると鮮やかな赤色になります。

そして、各細胞に酸素を届けた後は、くすんだ赤色に戻ります。

 

 

すごくないですか?

 

え?つまんない?

私は興奮する話なのでちょっと付き合ってください!笑

 

 

何がすごいって!

人体の60兆個の細胞のうち20兆個が赤血球なんですよ?

他の細胞(体)に酸素と栄養を届けるために(赤血球)
体を菌から守ったり、体を修復するために(白血球)

てことは1/3以上が血液なの!!!


そんなにたくさんの細胞を使って

エネルギーを注ぐつくりになってんだゼ♡

 

 

人体すっげー!!!

 

 

こうやって見ると愛しいよね~

みんな、自分の体、大事にしようね♡

 

 

 

そんでね!そんでね!(興奮中☆)

 

動脈内の血液が鮮やか赤で、

静脈内の血液がくすんだ赤なのは、

酸素を持っている状態と持っていない状態の違いなのはお伝えしました。

 

そして、採血は酸素を持っていない静脈から採取されるそうです。

(今日フェイシャルにみえられた看護師さんに教えてもらいました)

 

 

なんでだろう?

輸血を必要とする人って

おそらく弱ってる人だと思うんだけど。

 

だったら酸素を多く含んだ血液(動脈)の方が

チョー元気になれそうな気がするのに。。。

 

酸化の問題かなぁ?

 

 

 

もう少し調べてみます。

 

 

 

え?

 

 

あんま興味ない?

報告いらない?

 

まあまあそんなこと言わないで♡