Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xs742087/abc-momoi.com/public_html/wp-content/plugins/simple-fields/functions.php on line 1685
梅雨と食欲★ | active Body care ももい|瀬戸市のヨガスタジオ(エアリアルヨガ)

ももいは骨格からカラダを分析し一人ひとりにあったメニューをご提案します!愛知県名古屋・瀬戸・岡崎・土岐・尾張旭・長久手・日進・春日井・豊田

COLUMN

コラム

梅雨と食欲★

支保です(^^)

 

梅雨に入ってから

雨が降ったり晴れたり降ったり晴れたり

変なお天気が続いています(ToT)

 

こういう天気が不安定だったり、

気圧の変化が激しい梅雨の時期って

食欲のコントロールが乱れやすいんですって!!

 

 

この間テレビでやっていたので気になって調べてみました(^^♪

なので今日は食欲コントロールについて

ちょっとお話させて頂きます(*^_^*)

 

 

まず、

食欲をコントロールする2つのホルモン

 

脂肪細胞から分泌され、食欲を抑制させるブレーキ機能 

→ レプチン

胃から分泌され、食欲を増進させるアクセル機能 

→ グレリン

 

 

この2つがバランス良く働いてくれる事で

脳に刺激を与え食欲をコントロールしてくれているのです(*^_^*)

 

 

食欲のブレーキをかけてくれるレプチンは脂肪細胞から分泌されるので、

脂肪が多い人のほうがいいんじゃないの?

と思われてしまうかとおもいますが

そういうわけではないんです!!

 

horumon00

 

体脂肪が多ければ多い人ほど

レプチンの分泌量は増えるには増えますが、

レプチンをキャッチする受容体の感度が鈍くなり

満腹サインがキャッチできず、食欲を抑える事が出来なくなるんです

 

 

 

ではどうやったら

この2つをうまくコントロールできるのでしょうか(*^_^*)

 

 

ここでまずポイントになってくるのが『睡眠』です(^^)

 

 

平均睡眠時間と肥満のなりやすさを調べた研究があり

睡眠時間が8時間未満の人の場合、

睡眠時間が短ければ短いほど肥満度が増加すると言われています。

 

睡眠時間とグレリン、レプチンの血中濃度を比較調査する研究でも、

 

4

睡眠時間が短い人ほど、食欲を刺激するグレリンが多く

食欲を抑制するレプチンが少ない

つまり過食を招きやすい状態である、という研究結果もあるんだそうです。

 

 

 

あとは睡眠の質や、

睡眠時の姿勢も関係してくるなぁ(^^♪ とか

睡眠やホルモンという事は、自律神経が関係して、

自律神経ということは背骨の湾曲が必要で、と

私の中でいろいろ繋がって

みなさんにお伝えしたいのですが長くなるので割愛します(^^)

 

 

でも、ももいのやっている事やお伝えしている事に

この『食欲コントロールを良くする事』が繋がって来るので

楽しくて楽しくて♪

 

難しい所までのめり込んでしまいました(;一_一)笑

またなにかあったらお伝えしますね(*^_^*)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

active Body care ももい

〒489-0809 
瀬戸市共栄通6丁目21番地エーシープラザ2F

TEL:0561-76-3399

お問い合わせはこちら