Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xs742087/abc-momoi.com/public_html/wp-content/plugins/simple-fields/functions.php on line 1685
側弯症について | active Body care ももい|瀬戸市のヨガスタジオ(エアリアルヨガ)

ももいは骨格からカラダを分析し一人ひとりにあったメニューをご提案します!愛知県名古屋・瀬戸・岡崎・土岐・尾張旭・長久手・日進・春日井・豊田

COLUMN

コラム

側弯症について

先日のブログで側弯(そくわん)について軽く触れたので

子どもの姿勢について

いい機会です。

お子さんがみえる方は読んでみてください(*^^*)

 

側弯症って、骨のプロからするとちょっとやっかいな症状です。

sekityuu3

本来なら骨盤(体の土台)から真っ直ぐ立つはずの柱が

曲がっちゃうんです★

 

 

先天的に曲がってる子も中にはいますが、

ほぼ後天性だと言われ、原因はわかっていません。

 

学校で行われる検査は左右の背中の高さで診断され、

infants_scoliosis

両方の高さが同じであれば問題はなく

今は少しでも左右の高さが違っていれば

お子さんがお知らせの紙を持って帰って来るようです。

 

姿勢が悪くて高さが違う場合も多々あるので見極めは大切です!

 

 

ちなみに側弯に気付かず

そのまま成長した方が瀬戸本店にいます。

S__9297934

彼女は胸椎6番7番あたりで大きくカーブするので

消化不良や食欲不振等の胃に対する症状を心配しています。

あと、肋間神経痛。

 

肋骨の幅も左右で全然違うし、姿勢も悪すぎるので、

正直、『第一印象』という勝負でも損をしています。

 

 

一度、お子さんの背中の高さのチェックをしてみてください

(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

active Body care ももい

〒489-0809 
瀬戸市共栄通6丁目21番地エーシープラザ2F

TEL:0561-76-3399

お問い合わせはこちら