今ね。

 

発毛についてどんな表現をしてるんだろう?って

いろんなブログを見に行ってるんですよ。

 

 

そこで感じる違和感。

 

 

たとえばね。

「ハゲ」っていう言葉。

 

出しちゃダメかな…って

遠慮しがちなワードだけど。

 

>Q.女性はハゲないと思っていたのですが、

最近になって段々薄毛になってきたのが悩みです。

なぜ薄くなってきたのでしょうか?

 

この文章を書いた人、

親身だなって一発で思うワケですよ。

あえて出して来たな!って。

珍しいです、発毛ブログにハゲって言葉。

 

こういう誰にでも目にすることができるSNSで発信するって

言葉一つすごく気を使うもの。

 

 

んー。

どういうことかって言うと。

 

遠まわしに遠まわしにね?

 

>実際に「薄毛」が遺伝するのではなく

「薄毛」になりやすい体質が遺伝し、生活習慣も影響すると言われています。

「薄毛」になりやすい体質も100%遺伝するわけではありません。

 

このページに「薄毛」という言葉、

短い内容でしたがこのページだけで12回、

一行に一回以上「薄毛」という表現が用いられるワケです。

 

 

(´・ω・`)わかる?

 

薄毛でいいじゃん!なんで薄毛なのさ!

 

「」でくくってまで何を強調したいの?

自分が伝えたいばかりで

悩んでる人の心の痛みが

後手後手になってない?

 

 

ブログを書くのも仕事なのはわかるけど、、、

人の痛みを知らない無邪気さを感じて怖い。

 

あ、怖いていうのは経営者としてね。

私だったらさっさと直すもの。

 

 

私に髪の毛のことを教えてくれた講師

image

この方は大手のサロンでその悩みと向き合って、

心の痛みと向き合って

ずっとジレンマを感じて来た人。

 

私も業種は違えど同じ「想い」が

心にザクザク入って来て一瞬で大好きになった。

 

こういう人と一緒に社会貢献したい。

 

 

最近娘がハマってる自撮りアプリ。

image

モナリザ、二重アゴだなって思ったことはあったけど

分け目がヤバイと初めて思った件。

 

知識が入ると視野が広がる。