私がももいへ初めて来たのは、

自分で自分に「ありえない」と傷ついたからです。

 

毎日鏡で自分の姿を見ているはずなのに

鏡を見ても何も思わなく

危機感もなく過ごしていました。

 

ある日、偶然会った友人の

仕事辞めたの?と聞いて来た表情に違和感を覚えました。

でもそんなことはすぐ忘れ、日常に戻り、お買い物中に

自分の姿を映した鏡をふと見た時の衝撃!

 

愕然としました!

丸くなった背中、だらしなく出たお腹。これが私!?

 

あの時の友人の表情が瞬時に頭をめぐり

このことを言っていたのか!と頭が真っ白になりました。

 

慌てて家に帰り、

気にはなっていたけれど「私には関係ないし」と

流し読みをしていたももいさんの広告を探してすぐに電話!

 

この時の行動は私の人生の中で一番速かったかもしれないです(笑)

 

 

今の私は職場の制服が13号から9号に変わりました。

おばさんチュニックでお尻まわりを隠すことなく

着たい服を楽しめるようになりました。

 

私の体をわかってくれてるからこその

そろそろスカート履いても可愛いと思う」

「もう少し太もも細くするから新しいジーンズを買うのは一ヵ月待ってください」

といった他の誰からも言われないアドバイスもあり、

こんな年齢なのにどんどん着れる服の幅が広がって楽しいです。

 

43歳N様。

 

 

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

 

おしゃれに目覚めたN様だからこその感想をありがとうございます♪

 

どんどん痩せていくご本人様の

いつ服を買い替えればいいの?という

嬉しい不安って付きものですよね(*^^*)

 

それまでは

ボーダーTシャツか無地の大きめトップスに

大きめな体を包むがばがばのジーンズ姿だった彼女が、

 

今では膝上丈のスカートを履いて

『きちんと服』を楽しんでみえられます。

 

鏡を見て「どうせオバサンだし」という魔法を

自分にかけなくなったらいろんなことが変わったそうです。

 

自分を好きになれるって難しいけれど

そんな自分を手に入れられた先には

周りに優しくなれますね(*^^*)