ダンナ様が週末3日間の出張を終え

帰って来ました。

image

 

ここで嫁ようこの心の中の変化を追ってみましょう♪

 

【一日目】

はいはい、いってらっしゃい

雪だからね、

気を付けても気を付けなくてもダメな時はダメだけど

とりあえず気を付けて行って来て★

 

【二日目】

いなくても生活は何にも変わんないよね。

ならいなくてもいいんじゃね?

あたしには夫婦というシステムは必要ないかもな。

ま、とりあえず床暖ぬくぬくであったか~い♡

 

【三日目】

FB友の結婚式の写真がUPされているのを見て

この彼女に覚悟を決めたんだ~♡

へ~♡幸せそー♡

と、思った瞬間、

(´・ω・`)待てよ?

私も昔そうやって覚悟をしてもらったんだよな。

 

 

まーーーーー!

こっからは反省の嵐ですわ。

 

UPされてる写真の中の新郎の優しい表情。

 

私、最近こういう顔をダンナ様にさせてあげられてないなー。

とか。

 

彼の選択は理解できないけど

自分の言い分を押し付けるばっかで

彼の「人生」といった観点でモノを見て

受け入れようとしてなかったなー。

とか。

 

ま、いろいろね。

 

 

わたし、基本的に

 

傲慢発信機(純正)(本人自覚ナシ)

 

から、離婚後さまざまな経験をする中で

 

反省機能を搭載した傲慢発信機(今ここ)

 

なのでもう少し磨き上げて

 

高性能反省機能を搭載した高性能傲慢発信機(予定)

 

にしなければ★

 

傲慢という言葉の使い方は大丈夫?と自問自答

 

率いて行く立場だモン

基本的に傲慢さは持ち合わせてないとね。

でも高性能で行こう♪

 

 

そんなことを思いながら

ここ8ヶ月間の

アンタなんか居ても居なくてもわたし困らないし★という姿勢を猛省。

 

私、別に自分の力で生きて行けるモン

いなくなったら困るのはアンタでしょ?

わきまえて?

と、ずっと思ってました。ホント。

 

困るくせにね。

 

私みたいな何にもできない人間、

あれくらい損得抜きで相手のために快く動ける人がいなきゃ『人間らしい生活』なんてままならないもん。

 

 

誰かに対する「思うこと」って

基本的に「自分の無意識が自覚してる自分のこと」なんですって。

 

わきまえろってずっと自分に警告を出してたんだね。

 

優しくなかったな。

 

 

 

でもやっぱり

ちゃんと気付いた、さすがあたし♡

って思ってるあたり、

ようこの中のジャイアンは健在です(笑)